GitHubを企業で活用する

どのような規模の会社でも、GitHubを活用してソフトウェアを安全に開発することができます。

GitHubのクラウド上にホスティング

180万*以上もの組織に利用されています

  • Airbnb
  • IBM
  • SAP
  • PayPal
  • Spotify
  • Bloomberg
*2018年3月
Mapbox employee

Lindsay Young, Mapbox
HubSpot employee

Mike Champion, HubSpot

GitHubユーザー事例

teams
チームのコラボレーションを促進

共同作業をよりスマートに

バグの追跡やアイデアについてのディスカッションといった開発作業を進めながら、ソフトウェアの企画、開発、レビュー、リリースを実施できます。

ソースコードを見ながらのコミュニケーション

コードのレビュー、プロジェクトに関する情報共有、チームメンバーとの会話を、ツールを切り替えずに行うことができます。

GitHubでのコードレビューについてはこちらをご確認ください

ソースコードを検索して再利用

プロジェクトとIssueを検索し、チームメートが作成したコードを見つけて再利用することができます。その過程でコードの改良も行えるため、再利用する側も、される側もメリットが得られます。

問題をすばやく突き止めて修正

チーム内でコードの可視化を進めることで、リリース前にバグを修正することが可能になります。また、Issueの追跡機能が統合されているため、チームで常にバグの修正に取り組むことができます。

GitHubでのプロジェクト管理についてはこちらをご確認ください

security
セキュリティ

妥協のないセキュリティ

セキュリティポリシーの適用は必ずしも複雑な作業である必要はありません。GitHubなら、開発プロセスに負荷をかけることなく、チームのニーズに沿ってソフトウェアを
開発できます。

重要なポリシーをサポート

コードの作成者やコミットをプッシュした人を確認したり、コンプライアンスワークフローを自動化したり、不慮の変更からブランチを保護したりすることができます。

認証方法

2要素認証SAMLシングルサインオンをサポートしているため、従業員や請負業者のユーザー管理を行いつつ、コラボレーションを促進することができます。

チームの作業状況を可視化

監査やダッシュボードをモニタリングして取得したデータを活用し、チーム内でのコラボレーションを促進できます。

より強固なセキュリティポリシーと管理ポリシーが必要な場合は、GitHub Enterpriseを専用サーバやプライベートクラウドに展開することで、エンタープライズクラスのセキュリティを実現できます。

security-admin
管理

管理負荷を軽減

チームの成長は、混乱を招くものではなく、エキサイティングなものであるべきです。GitHubは開発者が重要な作業に集中できる環境を提供します。

簡単な設定

利用開始時のセットアップとオンボーディングは簡単です。チームメンバーはソースコード開発やバグの修正を速やかに開始でき、次の大きなアイデアを直ちに実現することができます。

柔軟なスケーラビリティ

2人のチームであろうと、数千人の組織であろうと、ユーザのオンボーディングと管理を簡単に行うことができます。

適切なアクセス権を付与

LDAPによる一元化された権限付与により、チームのメンバーは、GitHubチームや組織と共同作業を行うのに必要なデータにだけアクセスできます。

APIを使用したカスタマイズ

カスタマイズを行って独自のGitHubを構築することで、品質の確保、リスクの低減、信頼性に優れたアプリケーションの統合を実現できます。

APIで実現できることについてはこちらをご確認ください

hosting
柔軟なホスティング

GitHubのホスティング先はお
好み次第

GitHubでは、 クラウド、サーバ、Amazon Web Services、Azure、Google Cloud Platformなど、どのようなホスト先でも同じエクスペリエンスが得られます。

GitHubのクラウド上にホスティング

管理作業を最小限に抑え、ユーザ認証や権限管理を簡単に行えるようにしたいと考えている企業に適しています。

オンプレミス

コードをオンプレミスにホストする必要がある、または高度な監査および監視機能を必要としているといった、規制やコンプライアンスに関する厳しいニーズがある企業に適しています。


プランを比較する GitHubオンプレミス トライアル版

What's New

GitHub Enteprirseの新機能を確認

See latest enterprise release