企業向けGitHub

Build like the best

  • 開発者のベロシティを向上

  • すべての開発プロセスを安全に

  • ワークフロー全体を自動化

  • コラボレーションを再定義

  • 5000万人以上の開発者が利用

お問合せ 無料トライアル

チームをエンパワーし、ビジネスを変革する。

DevOpsはほんの始まりに過ぎません。トップ企業は、変革がテクノロジーや人材、文化、プロセスに依存していることを知っています。GitHub は、企業がそれらすべてを一つの場所に集約して作業できるように支援しています。

セキュリティ

エンド・ツー・エンドをセキュアに

安全なソフトウェア開発環境を提供
安全な依存関係

安全なサプライチェーン

オープンソースコンポーネントの安全性とコンプライアンスを維持します

安全なコーディング

安全なコーディング

ワークフローの一部としてコードの脆弱性を見つけ、修正します

安全なソフトウェアライフサイクル

安全なソフトウェアライフサイクル

セキュリティやコンプライアンスポリシーをコードとして作成し、実行します

People Working
GitHub を使うことで、最初の一行目のコードを書くところからずっと、開発プロセス全体にセキュリティ対策が組み込まれている安心感を得られます
Photo of Chief Information Security Officer at Dow Jones

Chief Information Security Officer

Dow Jones

DevOps

自動化をさらに進め、迅速にデリバーし、継続的に改善する

ワークフローの自動化を進める

デリバリーをスピードアップ

GitHubネイティブのパワフルで柔軟なCI/CDを使い、パイプラインの各ステップを自動化します。

                  Using rake 12.3.3
                  Using Ascii85 1.0.3
                  Using RedCloth 4.3.2
                  Using multipart-post 2.1.1
                  Using faraday 0.17.3
                  Using acme-client 0.6.1
                  Using concurrent-ruby 1.0.5
                  Using i18n 1.7.0
                  Using minitest 5.13.0
                  Using thread_safe 0.3.5.c8158c9
                  Using tzinfo 1.2.6
                  Using zeitwerk 2.2.2
                  Using activesupport 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using builder 3.2.3
                  Using erubi 1.8.0
                  Using mini_portile2 2.4.0
                  Using nokogiri 1.10.9
                  Using rails-dom-testing 2.0.3
                  Using crass 1.0.6
                  Using loofah 2.4.0
                  Using rails-html-sanitizer 1.1.0
                  Using actionview 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using rack 2.1.2
                  Using rack-test 0.6.3
                  Using actionpack 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using nio4r 2.3.1
                  Using websocket-extensions 0.1.3
                  Using websocket-driver 0.7.0
                  Using actioncable 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using globalid 0.4.2
                  Using activejob 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using activemodel 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using activerecord 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using mimemagic 0.3.3
                  Using marcel 0.3.3
                  Using activestorage 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using mini_mime 1.0.2
                  Using mail 2.7.1
                  Using actionmailbox 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using actionmailer 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using actiontext 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using active_record_has_many_split_through 0.1.0.g561c960
                  Using public_suffix 4.0.3
                  Using addressable 2.7.0
                  Using afm 0.2.2
                  Using google-protobuf 3.9.1 (x86_64-linux)
                  Using twirp 1.1.0
                  Using aleph-client 2.1.0.gdf2a805d
                  Using allocation_sampler 1.0.0
                  Using aqueduct-client 0.1.0.g2ab5e8c
                  Using arca 2.1.3
                  Using asciidoctor 2.0.7
                  Using ast 2.4.0
                  Using metaclass 0.0.4
                  Using mocha 1.1.0
                  Using resilient 0.4.0
                  Using authzd-client 0.9.2.rec861528
                  Using aws-eventstream 1.0.3
                  Using aws-partitions 1.284.0
                  Using aws-sigv4 1.1.1
                  Using jmespath 1.4.0
                  Using aws-sdk-core 3.91.1
                  Using aws-sdk-kms 1.30.0
                  Using aws-sdk-s3 1.61.1
                  Using badge-ruler 0.0.1
                  Using bcrypt 3.1.13
                  Using benchmark-ips 2.7.2
                  Using mochilo 1.3.5.g70afb07
                  Using bert 1.1.10.45.gf6727fc
                  Using bertrpc 1.3.1.pre.github9
                  Using html_tokenizer 0.0.7
                  Using parser 2.6.4.0
                  Using smart_properties 1.13.1
                  Using better_html 1.0.11
                  Using bindata 2.4.6
                  Using msgpack 1.3.0
                  Using bootsnap 1.4.4
                  Using braintree 2.95.0
                  Using browser 3.0.2
                  Using bundler 2.0.2
                  Using byebug 9.0.3
                  Using regexp_parser 1.7.0
                  Using xpath 3.2.0
                  Using capybara 3.31.0
                  Using cbor 0.5.9.6
                  Using charlock_holmes 0.7.6
                  Using method_source 0.9.2
                  Using thor 0.19.4
                  Using railties 6.0.2.2.5665d0867b
                  Using sprockets 3.7.2
                  Using sprockets-rails 3.2.1
                  Using rails 6.0.2.2.5665d0867b
                
CI logs
Workflow running Workflow running Workflow running Workflow list
Workflow file screenshot
Action 1
Action 2
Action 3
Action 4

ベストプラクティスを構築

業界のリーダーやオープンソースコミュニティによって構築されたワークフローを使用できます。

自動化を安全にスケールアップ

ソースからデプロイまでのトレーサビリティを確保しながら、組織全体に一貫してポリシーを適用し、スケーリングします。

Workflow starter card Automated matrix build: linux Automated matrix build: macOS Automated matrix build: Windows Automation workspace
                  error-pages
  GET /
     should respond with page list
  Accept: text/html
    GET /403
       should respond with 403
    GET /404
       should respond with 404
    GET /500
       should respond with 500
  Accept: application/json
    GET /403
       should respond with 403
    GET /404
       should respond with 404
    GET /500
       should respond with 500
  Accept: text/plain
    GET /403
       should respond with 403
    GET /404
       should respond with 404
    GET /500
       should respond with 500
error
  GET /
     should respond with 500
  GET /next
     should respond with 500
  GET /missing
     should respond with 404

markdown
  GET /
     should respond with html
  GET /fail
     should respond with an error

multi-router
  GET /
     should respond with root handler
  GET /api/v1/
     should respond with APIv1 root handler
  GET /api/v1/users
     should respond with users from APIv1
  GET /api/v2/
     should respond with APIv2 root handler
  GET /api/v2/users
     should respond with users from APIv2

mvc
  GET /
     should redirect to /users
  GET /pet/0
     should get pet
  GET /pet/0/edit
     should get pet edit page
  PUT /pet/2
     should update the pet
  GET /users
     should display a list of users (70ms)
  GET /user/:id
    when present
       should display the user
       should display the users pets
    when not present
       should 404
  GET /user/:id/edit
     should display the edit form
  PUT /user/:id
     should 500 on error
     should update the user
  POST /user/:id/pet
     should create a pet for user (19ms)

params
  GET /
     should respond with instructions
  GET /user/0
     should respond with a user
  GET /user/9
     should fail to find user
  GET /users/0-2
     should respond with three users
  GET /users/foo-bar
     should fail integer parsing

resource
  GET /
     should respond with instructions
  GET /users
     should respond with all users
  GET /users/1
     should respond with user 1
  GET /users/9
     should respond with error
  GET /users/1..3
     should respond with users 1 through 3
  DELETE /users/1
     should delete user 1
  DELETE /users/9
     should fail
  GET /users/1..3.json
     should respond with users 2 and 3 as json

route-map
  GET /users
     should respond with users
  DELETE /users
     should delete users
  GET /users/:id
     should get a user
  GET /users/:id/pets
     should get a users pets
  GET /users/:id/pets/:pid
     should get a users pet

route-separation
  GET /
     should respond with index
  GET /users
     should list users
  GET /user/:id
     should get a user
     should 404 on missing user
  GET /user/:id/view
     should get a user
     should 404 on missing user (13ms)
  GET /user/:id/edit
     should get a user to edit
  PUT /user/:id/edit
     should edit a user
  POST /user/:id/edit?_method=PUT
     should edit a user
  GET /posts
     should get a list of posts

vhost
  example.com
    GET /
       should say hello
    GET /foo
       should say foo
  foo.example.com
    GET /
       should redirect to /foo
  bar.example.com
    GET /
       should redirect to /bar

web-service
  GET /api/users
    without an api key
       should respond with 400 bad request
    with an invalid api key
       should respond with 401 unauthorized
    with a valid api key
       should respond users json
  GET /api/repos
    without an api key
       should respond with 400 bad request
    with an invalid api key
       should respond with 401 unauthorized
    with a valid api key
       should respond repos json

GET /api/user/:name/repos
  without an api key
     should respond with 400 bad request
  with an invalid api key
     should respond with 401 unauthorized
  with a valid api key
     should respond user repos json
     should 404 with unknown user

when requesting an invalid route
   should respond with 404 json

1123 passing (4s)

=============================================================================
Writing coverage object [/home/runner/build/expressjs/express/coverage/coverage.json]
Writing coverage reports at [/home/runner/build/expressjs/express/coverage]
=============================================================================

=============================== Coverage summary ===============================
Statements   : 98.81% ( 1916/1939 ), 38 ignored
Branches     : 94.58% ( 751/794 ), 22 ignored
Functions    : 100% ( 267/267 )
Lines        : 100% ( 1872/1872 )
================================================================================
The command "npm run test-ci" exited with 0.

$ npm run lint

> express@4.17.1 lint /home/runner/build/expressjs/express
> eslint .

The command "npm run lint" exited with 0.

store build cache

$ # Upload coverage to coveralls

Done. Your build exited with 0.

                
Automation logs
People Working
GitHub Actionsを使ったCI/CDにより、GitHubからすぐにビルド、テスト、デプロイができるようになりました。ビルド時間を80分から10分に短縮できました。
Photo of Engineering Architect at Pinterest

Engineering Architect

Pinterest

コラボレーション

コラボレーションをイノベーションに

インナーソースについて学ぶ
People collaborating

チーム一体で開発

コラボレーションのために設計されたプラットフォームで、組織全体でシームレスに作業を行うことができます。

People collaborating

文化を変える

オープンソースのベストプラクティスを、企業内インソースとして採用することで、イテレーションを高速化し、より頻繁にリリースできます

People collaborating

ビルドしながら学ぶ

コミュニティに裏打ちされたKPIを使って、チームの作業内容を知ることができます。

People Working
GitHubを使えば、今までにないレベルでプロジェクトをスケールして構築することができます。一人でどれだけ優れているかということではありません。共有とコラボレーションによって素晴らしいことが達成できるのです。
Photo of Head of Digital Communities at Engie

Head of Digital Communities

Engie

人材

最大の開発者コミュニティに参加

人とつながる 人とつながる 人とつながる 人とつながる

人とつながる

GitHubは多くのエキスパートによって活用されているので、さまざまな分野のエキスパートを見つけられます。

コミュニティに参加
人とつながり続ける 人とつながり続ける 人とつながり続ける 人とつながり続ける

人とつながり続ける

オープンソースのリーダーとしての知名度を上げたり、他の人がオープンソースコードに取り組むのを支援できます。

GitHub Connectについて
People Working
GitHubは、業界最高のツールで、常に最新の機能を提供してくれます。新入社員には、GitHub がすぐに使える環境にあることを知ってもらいたいです。
Photo of Head of Emerging Tech at American Airlines

Head of Emerging Tech

American Airlines

サービス

信頼できるパートナーとの連携

テーラーメイドのトランスフォーメーションプランの作成からDevOpsパイプラインの合理化まで、お客様のチームの一員としてユニークなソリューションを一緒に構築していきます。

パートナー一覧
24/7サポート

24/7サポート

必要なときにはいつでも私たちのチームがサポートします。

サポートオプション
インテグレーション

インテグレーション

お気に入りのIDEやクラウドプラットフォームなどを見つけましょう。

Marketplaceを見る
エンジニア主導のカリキュラム

エンジニア主導のカリキュラム

実際のコーディングと同じ環境で、スキルアップできます。

Learning Labを見る

トランスフォーメーション

数字で見るトランスフォーメーション

40%

削減 エンジニアのオンボーディング所要時間 *

639%

ROI 3年間 *

45

分の時間を節約 人/日 *

* GitHubを3年以上利用している複数の企業から、1,800人の開発者を対象

Enterprise Transformation Enterprise Transformation Enterprise Transformation

ユーザー事例

多くの企業が革新的なソフトウェアを開発しています

ユーザー事例を見る

5000万+

デベロッパー

1億+

プライベート&パブリックリポジトリ

1000+

オープンソースコミュニティ

10億+

年間コントリビューション

300万+

オーガナイゼーション

60%

Fortune500の企業が利用

プラン

自分に適したプランを選択できます

GitHub Enterprise

企業での開発作業に不可欠なセキュリティ、自動化、コラボレーション機能

$21

ユーザー/月
  • SAMLシングル・サインオン
  • GitHub Actions 50,000分/月
  • GitHub Packagesストレージ 50GB
  • 高度な監査機能
無料トライアル
New

GitHub One

企業のイノベーションのための決定的なプラットフォーム

  • Enterpriseのすべての機能
  • コミュニティにバックアップされたセキュリティ
  • 24/7 サポート
  • 継続的な学習
お問合せ
すべてのプランと機能を見る
pixel background