効率的な開発ワークフロー

軽量なツールや機能で開発者のワークフローをサポートします。自分に合ったやり方で開発を進めてください。GitHubがお手伝いします。

コードレビュー

シームレスなコードレビュー

コードレビューはソースコードを改善するための最も確実な方法であり、GitHubの基盤となる要素です。組み込みのレビューツールにより、コードレビューを必須プロセスとすることができます。

コードレビューについてはこちらをご確認ください。

conversation

変更を提案する

コードの改善はPull Requestから開始します。Pull Requestとは変更についての「生きた会話」を行う場であり、そこでアイデアについての議論、タスクのアサイン、詳細の検討、レビューの実施を行います。

diffs

差分を確認する

変更内容を正確に把握することで、レビューを迅速に行うことができます。diffによって、異なるバージョンのソースコードを並べて比較することができ、追加、編集、削除された部分がハイライト表示されます。

changes requested

わかりやすいフィードバックを提供する

チームメートが「いいね!」の絵文字の意味について悩んでしまうようなフィードバックは避けるべきです。コメントするときには、変更が必須なのか、単なる提案なのかを明確に伝えましょう。

reviewers list

レビューをリクエストする

レビューを受ける側の開発者は、他のメンバーにレビューをリクエストし、的確なフィードバックを得ることができます。

code comment

状況に応じたコメント

コード内に直接コメントスレッドを作成してディスカッションを行うことができます。コメントを1つのレビューにまとめたり、他の人のインラインに返信して会話を開始したりすることができます。

branch settings

ブランチを保護する

最も品質のよいコードのみをマージできます。ステータスチェックを必ず行うようにリポジトリを設定することで、人為的なミスと管理負担の両方を低減できます。


プロジェクトをシェアしよう

GitHubを活用してプロジェクトに取り組んでみませんか?スタートアップガイドを参照して、新しいアイデアを実現してみましょう。

プロジェクト管理

アイデアを管理

GitHubのプロジェクト管理ツールを使用することで、チームの連携を促し、整合性の維持、生産性の向上を実現できます。

プロジェクト管理についてはこちらをご確認ください。

project

プロジェクトの全体像を把握

各プロジェクトについてコードのそばに表示されるタスクボードを使えば、プロジェクトの現状をすべて確認でき、チームが何に注力すべきかを選択することができます。


カード

カードとは、チームがリポジトリ内で行う作業のスナップショットのことです。ドラッグアンドドロップでき、すべてのIssueとPull Requestを参照できます。

ノート

スタンドアップミーティングや擦り合わせミーティングで話題に出た初期段階のアイデアを、Issueに影響を及ぼさずに取り込むことができます。

issues

タスクの追跡とアサイン

Issueはチーム内のタスクの特定、アサイン、追跡を行うのに役立ちます。Issueをオープンすることにより、バグを追跡したり、@メンションの付いたアイデアについてディスカッションしたり、作業を分担したりすることができます。


マイルストーン

マイルストーンをIssueやPull Requestに追加すると、リポジトリ内のIssueやPull Requestについて、グループの進捗を整理し追跡することができます。

アサインされた人

IssueやPull Requestを1人または複数人のチームメートにアサインすることで、誰が何の作業をしているのかが明確になります。

インテグレーション

最適なツール

GitHubアカウントを使用して、GitHub Marketplaceでアプリケーションを探して購入することができます。好みのツールを見つけたり、新しくお気に入りのツールを発見したりしたら、すぐに使い始めるこ
とが可能です。

GitHub Marketplaceにアクセスする

インテグレーションについてはこちらをご確認ください

Slack
ZenHub
Travis CI
Appveyor
Codacy
Codeship
Code Climate

新たなツールを見つけよう

アプリケーションを上手に連携させることで開発ワークフローを強化し、開発の効率をさらに高めることができます。GitHubと連携できるツールを活用して、コミュニケーションの円滑化、作業の自動化を促し、作業をスムーズに進めましょう。

GitHubを拡張しよう

場合によっては、カスタムツールにしかできないこともあります。GitHubの開発に使用されているのと同じGitHub GraphQL APIを使用して独自のツールを作成すれば、これまで以上にデータへのアクセス性を向上できます。

開発者のためのツールを提供

GitHubでは、開発者向けのツールも作成しています。これらのツールがあらゆる規模のプロジェクトで効果を発揮し、友人や同僚とのアイデアの共有に役立つことを期待しています。ツールをぜひ試してください。また、ツール作成のアイディアもお待ちしています!

atom logo electron logo hubot logo desktop logo lfs logo
チーム管理

ソフトウェア開発の人的側面

ソースコードの開発だけでなく、チームやコミュニティの管理も、ソフトウェア開発の大事な側面です。GitHubでは、チームのメンバーが2人であろうと2,000人であろうと、チームが必要とするサポート
を提供します。

User roles

スケーラブルな管理機能

チーム機能のどのメンバーがどのリポジトリにアクセスできるかを管理するなど、閲覧や編集権限の微調整を行えます。

Discussion thread

会話のトピックに集中させる

IssueおよびPull Requestのロックなどの モデレーションツールを使用することで、チームをコードに集中させ続けることができます。また、オープンソースプロジェクトを管理している場合、ユーザブロックを使用することで、不必要な情報を減らし、会話の生産性を維持することができます。

Checklist

コミュニティのガイドラインを設定する

ロールに応じて利用ガイドラインを設定することができます。しかも、ゼロから始める必要はありません。一般的な行動規範をカスタマイズすることで、プロジェクトに最適な規範を作成することが可能です。さらに、事前に作成したライセンスをリポジトリから選択することができます。


オープンソースガイド

GitHubのガイドには、新規プロジェクトの立ち上げから終了まで、オープンソース管理に必要なすべての基本が網羅されているので、今すぐ独自のプロジェクトを立ち上げてみることも可能です。 GitHubのオープンソースプロジェクトの詳細はこちらからご覧いただけます。

ソーシャルコーディング

つながりを活用しよう

GitHubには2,700万人もの開発者のコミュニティがあります。同じ考えを持った開発者とつながったり、彼らが立ち上げたプロジェクトと連携してみましょう。

starred repository

プロジェクトをフォロー

リポジトリの星の数でどのリポジトリが高く評価されていることを知ることができます。また、開発者は自分が関与していないが注目度の高いプロジェクトを追跡することができます。リポジトリのWatch機能では誰かがIssueをオープンしたり、Pull Requestを送信したりしたときに通知を受け取ることができます。

topics

自分に合ったプロジェクトを知る

データに基づいて提案されるおすすめのプロジェクトがニュースフィードに表示されます。また、Exploreでは、厳選されたコレクション、話題になっているリポジトリ、人気のトピックなどを参照することができます。

contributions graph

貢献したプロジェクトをシェア

緑色の正方形を使って、自分がどれだけプロジェクトに貢献したかを可視化できます。自分の最高のプロジェクトをプロフィールに掲示したり、他の人のタイムラインでその人のプロジェクトを確認したりすることができます。


GitHubコミュニティとつながる

GitHubのコミュニティフォーラム上で、質問をしたり、新しいスキルを学んだり、世界中の開発者と情報交換をしたりしてみましょ う。

ドキュメント

コード作成と同時にドキュメントを作成

ドキュメント

GitHub Pages

GitHub Pages

GitHub Pagesでは、リポジトリからドキュメントを直接ホストすることができます。Jekyllを静的サイトジェネレーターとして使用し、マスターブランチの/docsフォルダからページを公開することができます。

GitHub Pagesでのドキュメントの公開方法についてはこちらからご確認ください

wiki

Wikis

バージョン管理機能を使用してドキュメントを作成することができます。各Wikiは独自のリポジトリであるため、すべての変更がバージョン管理され、各変更を比較することもできます。テキストエディターを使用して、TextileやGitHub Flavored Markdownなど任意の文字書式設定言語で簡単にドキュメントを追加できます。


世界に向けて発信する

プロジェクト用のサイトが必要ですか?GitHub Pagesでは、静的サイトをホストしてプロジェクトやポートフォリオを宣伝することもできます。

ソースコードのホスティング

すべてのコードを1か所で

GitHubは世界最大級のコードホスティングサービスであり、8,000万を超えるプロジェクトがホストされています。プライベート、パブリック、またはオープンソースのすべてのリポジトリに、コードのホスティング、バージョン管理、リリースに役立つツールが用意されています。

repository summary

すべてのソースコードをホストする

SVNを使用している場合や、Git LFSを使用して大容量ファイルを扱っている場合でも、リポジトリによってコードを1か所で管理することができます。

GitHubの有償プランに含まれている無制限のプライベートリポジトリを使用すると、プロジェクトを必要なだけ作成したりインポートしたりすることができます。

確実に変更を行う

コミットでソースコードに変更を加える際には詳細な情報を記載しましょう。そうすることで何を変更したのかが直感的にわかるだけでなく、ビジョン履歴内のすべてのコミットメッセージをすばやく検索して変更を見つけられるようになります。

blameビューでは、変更を追跡し、ファイルおよびコードベースの変更の過程を確認することができます。

ソースコードをパッケージ化してリリースする

シェアする準備ができたら、最近終了したマイルストーンや完了したプロジェクト以降の変更を新しいリリースとしてパッケージ化することができます。

リリースノートのドラフトを作成して公開したり、リリース前のバージョンや添付ファイルを公開したり、直接ダウンロードできるリンクを公開したりすることができます。


柔軟なホスティングプラン

必要な場所にすべてのコードをまとめてホストすることができます。GitHubのホスト先が、クラウドでも、サーバでも、AWSやAzureでも、同じエクスペリエンスが得られます。

GitHubプランと機能を比較する

180万*以上もの組織に利用されています

  • Airbnb
  • IBM
  • SAP
  • PayPal
  • Spotify
  • Bloomberg
*2018年3月

GitHubを企業で活用する

よりスマートなコラボレーションを実現。ソフトウェアの企画、開発、レビュー、リリースを、GitHub.comや専用サーバで安全に行うことが可能です。

GitHubを企業で利用するに
はこちらをご確認ください

新規プロジェクトを立ち上げる

パブリックプロジェクトやオープンソースプロジェクトで利用するなら、GitHubは無料です。有料プランでは、無制限のプライベートリポジトリを使った共同作業が可能になります。

GitHubに登録する